小児科

小児科診療について

小児科診療について

小児科は、お子さまの成長と健康を見守る診療科です。
一般的な風邪の症状(発熱・咽頭痛・咳・腹痛・下痢)をはじめ、インフルエンザ、はしか、風疹、おたふく風邪、みずぼうそうなどの感染症、アレルギー性疾患、喘息などお子さまの体調全般について診療致します。また、お子さまの成長・発育に関することなどをご遠慮なくご相談下さい。

※症状に応じて必要と判断される場合には、適切な病院へご紹介いたします。

感染症対策について

感染症対策について

子どもは大人より免疫力が弱い為、インフルエンザやはしか、リンゴ病、みずぼうそうなどにかかりやすいものです。
子どもたちへの院内感染を防ぐために、感染症の多い季節は待合室を2つに分けております。感染症の可能性が高い方は、ご来院の際受付にてお申し付けください。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

このような症状のご相談下さい

高熱がでた(熱が約38度以上)

鼻水が止まらない

咳が多くおさまらない

発疹が出た

呼吸が苦しそう(ゼーゼー、ヒューヒュー)等

疲れていないのにぐったりとだるそうにしている

顔色が悪い

いつもに比べて元気がない、食欲がない

授乳のたびに吐く

下痢・嘔吐が続く

便の色がいつもと違う

体重が増えない

痙攣(けいれん) 等

子どもの病気について

子どもの病気について

子どもの病気は、大人と同じような症状であってもその対処方法は必ずしも一緒ではありません。お薬の分量や、治りやすさ、免疫力が大人より弱いなど違いはたくさんあります。
お子さんの体調全般について「おかしいな?」と思ったら、お気軽にご相談ください。
また、お子さまは体調が悪いことをうまく伝えられないことがあります。大人の方がしっかりと把握されるようにしましょう。

お子さまの突然の怪我やトラブル・体調不良

お子さまが突然、体調不良や怪我、トラブルに合った時、いざという時こそ、不安を子どもに与えないよう配慮し慌てず、お子さんのためにできることを見極めましょう。

もしもの時に、当院への受診が難しい場合、初期対処方法として下記サイト「こどもの救急」に詳しく書かれておりますので、ご参考下さい。

こどもの救急

※「こどもの救急」は、日本小児科学会が監修・提供しているサイトです。

乳幼児健診について

乳幼児健診・3歳未満の予防接種は予約制(月・水・木・金14:00~15:00、土 13:00~14:00)となります。
診療時間内に、お電話にて受付致します。

乳幼児健診とは?

乳幼児健診とは?

赤ちゃんが大人と違う点は発達が早いことです。 乳幼児健診は、そんな赤ちゃんの病気を早期に見つけることだけではなく、視力や聴力などの発達についてもチェックすることが可能です。
また、お子さんの育児に関するご相談などきめ細かい個別指導を行っています。

乳幼児健診は、身近にいる大人の方の情報がとても大切です。
気になることなどございましたらご遠慮なく健診時にご相談下さい。

クリニック案内

医院名
医療法人社団昌葉会
北篠崎クリニック

院長
推津 昌司
住所
〒133-0053
東京都江戸川区北篠崎2-4-3
診療科目
内科・小児科
電話番号
03-3698-7225
問診票のダウンロードはこちら
KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう